令和塾第6回『「あなた」の振動は数値化できる』(全3部)(全3本)

令和塾の第6回目『「あなた」の振動は数値化できる』の講演会動画です!
※こちらは「第1部」「第2部」「第3部」に分かれた「3本セットの動画」です。

「第1部」はコチラ
「第2部」はコチラ
「第3部」はコチラ

※高画質動画のため再生まで1~2分かかる場合があります。

※サンプル動画はこちらでもご視聴いただけます→YouTubeサンプル動画

【価格】
無料会員→4,000円
プレミアム会員→1,000円!

===
令和塾の第6回目!『「あなた」の振動は数値化できる』

生命体を含めた万物はすべて振動しており、それぞれが持っている固有のエネルギーをHADOという。

HADOは、測定器と測定器を扱う「人間」の状態により測定が可能で、胃、肝臓、腸、腎臓など、

体内の1つ1つの臓器のHADO数値や、免疫力、判断力、宇宙と繋がる力など計測不可能と思われる力や数字・言葉・形のHADOも数値化される。

HADO測定器の数値は何を表すのか?

HADOが「高い」「低い」とは、どのような状態なのか?

HADOの高低によって、何が引き起こされるのか?

HADO測定器は、どのようなメカニズムで測定されているのか?

HADO測定の第一人者である山梨先生を講師にお迎えし、科学的なデータを基にした興味深い世界へ皆さまをご案内致します。

HADO測定は、HADO測定器があれば誰でも測定可能というわけではなく、山梨先生の脳波だから測定が可能であり、先生自体が「物質の良い悪い」が分かるのです。先生によると、HADOは「感じるチカラ」とのこと。

講師/山梨浩利先生
山梨事務所 代表。1962年生まれ。静岡県焼津市出身。中央大学卒。 大手食品会社で主に食品の研究開発に従事。
在職中、波動の研究に没頭。サトルエネルギー学会、機器検討委員会に参画し、波動測定のメカニズム解明を行う。この成果をもとに、日本だけではなく広く世界にも情報を発信していくため、現在、山梨事務所を設立し、波動技術の応用、微生物、発酵、鉱物をテーマに商品の企画、開発を行っている。その他に食品、流通業、繊維、飼料、化粧品などの技術指導、顧問を行っている。

===
日時:令和元年10月6日(日)
場所:内幸町ホール(東京都千代田区)
ナビゲーター:さとうみつろう
ゲスト講師:山梨浩利先生

こちらのセット動画

関連するオススメ動画

コメント

ログイン、もしくはマイページ作成(無料)いただくと、コメントできます。

もっとみる